FC2ブログ

1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』製作記 その28

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』を製作中です。

今回は、甲板外周部の手すりや、構造物上の小物類の製作の様子をご紹介します。

20060201.jpg
手すりのパーツは、トランペッターモデルの純正エッチングをはじめ、KAモデル、エデュアルド、そしてホワイトエンサインパーツの4種の中から選ぶことになったのですが、使いやすさとディテールのバランスが最も良いのはKAモデルのパーツでしたので、今回はこちらのパーツを個別に塗装してから取り付けました。

20060202.jpg
KAモデルのディテールアップセットには、艦橋周りに取り付ける観測機器などの真鍮挽物パーツが残っていたので、手すりと並行して取り付けを行いました。

20060203.jpg
第二艦橋の側面に取り付けてある白いホースは、KAモデルのカラーエッチングパーツによるもので、旗甲板に収納された状態の信号旗も、同様のパーツを使用しています。

20060204.jpg
KAモデルの手すりパーツは、重みで垂れ下がった状態を再現しているほか、柱に通された鎖のディテールまでを再現しており、1/200のビッグスケールに相応しい仕上がりです。

20060205.jpg
旗竿も、KAモデルのセットに付属している真鍮挽物パーツを使用しました。

20060206.jpg
艦首の旗竿の様子。メタルラインの接着強度を稼ぐため、この時点ではまだ塗装は行っていません。ケーブルホルダーの脇には、前回はまだ取り付けていなかったブレーキハンドルの取り付けを完了しました。

20060207.jpg
艦尾の旗竿は、エッチングパーツを3枚組み合わせることで、艦尾信号灯も再現しています。

20060208.jpg
写真の赤丸で示した部分は、前部と後部の艦橋基部に取り付けられた時鐘で、KAモデルのアルミ挽物パーツに切り替えました。また、黄色の丸で示した舷灯も、エッチングによるベース部分と、真鍮挽物パーツによるランタン部を組み合わせたディテールアップパーツです。これで、KAモデルの真鍮挽物パーツは、全て取り付けを完了しました。

いよいよ、トランペッターモデル1/200戦艦『BB-39 アリゾナ』の製作も、ラストスパートです。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、1/350『二等輸送艦 揚陸ジオラマ』掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo76』に、連載記事『第三回 港湾ジオラマの世界にようこそ』掲載
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 9月号』に、1/700作例記事掲載予定。7月26日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700作例記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700連載記事掲載予定。8月15日発売予定
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年4月15日更新。取引例とメディア掲載作例に19作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年4月17日更新 艦船模型用マスキングシート、再入荷!)
↓↓↓
cabanak.png

●第11回 艦船模型合同展示会開催日決定
┣ 日時:2020年10月24日(土) 25日(日)
┣ 公式サイトURL:https://goudoutenjikai.jimdofree.com/
┣ 備考:詳細が決まり次第、当ブログでもご案内いたします。
┗ お問い合わせ:tobiiro@outlook.jp

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

正に完璧ですね!

いよいよ完成間近ですね!
どのパーツを見ても、苦労した思いが蘇ってきます。
KAモデルのパーツも、何をどのように使うのか和から無かった物も多くあったのですが、HIGH-GEARedさんの写真を見ると、なるほどと思う所が有ります。正に完璧ですね!
残すは張り線ですね。期待しています。


Re: 正に完璧ですね!

>>>シロプリさん
ありがとうございます。同じキットを作られたシロプリさんだけに、作りにくい部分や苦労する箇所が分かっていただけるかと思います(笑)
KAモデルのパーツは本当に説明不足な部分が多く、私も「資料をあたってようやく使い方が分かる」という部分が多くありました(汗)もちろん、シロプリさんの作品も大いに参考にさせていただきまして、とても助かりました。
完成写真は明日にも掲載の予定ですので、ぜひご覧くださいませ。
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR