FC2ブログ

1/350航空母艦『赤城』製作 その16

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日も引き続き、船体舷側や格納庫側面部の製作を進めて参ります。

20102601k.jpg
格納庫前端部は、左舷側に続いて右舷側の側面部にもエッチングの取り付けを行いました。内容は、左舷側とほぼ同様です。

20102602k.jpg
艦首にはラッタルが複数装備されていますが、破損防止のため、錨鎖甲板に繋がる部分のみは取り付けを後回しにしました。

20102603.jpg
また、この機会に錨鎖甲板への錨とフェアリーダーなどの取り付けも行いました。キノコ型通風筒は、genuine modelのレジンパーツに交換しています。

20102604.jpg
格納庫側面部のエッチング取り付けを終えたら、次は左舷の舷側および格納庫側面部のパーツ取り付けを開始します。これは、キットパーツのスポンソンや舷外通路、隔壁などの様子です。

20102605.jpg
通路の一部はリノリウム張りになっているので、例によって押さえ金具のエッチングを、現物合わせで取り付けました。(ラッタルはエデュアルドのパーツへの切り替えに備えて切り取っています)

20102606.jpg
右舷中央部の飛行甲板支柱は、トラス状のパーツを取り付けるのですが、キットにはプラパーツ用のガイドがモールドされているので、平ノミと板張りのサンドペーパーで削り取りました。(赤丸部分)

20102607.jpg
トラス支柱は、エデュアルドのエッチングを使用しています。緑の丸印内のベンチレーターは、基部をハセガワの純正パーツに置き換えました。

20102608.jpg
格納庫前端を仮付けした様子。ウインチやパラベーン、双眼鏡などは未取り付けですが、これらは後ほど、汎用のレジンパーツに切り替えます。

20102609.jpg
中央部にもスポンソンと支柱などを取り付け、(塗り分けが必要ない箇所に絞って)手すりの配置も行いました。

20102610.jpg
右舷高角砲群周りの足場はハセガワの純正パーツによるもので、手すりはエデュアルドパーツとハセガワ製を適材適所で使い分けました。エデュアルドの手すりは、ハセガワの足場を跨ぐ部分のみ形状が合わないので、部分的に2社のパーツを途中で接いでいる箇所もあります。

次回も引き続き、船体側面の作業を進めて参ります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂りております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700巡洋戦艦「赤城」作例記事掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo77』に、1/700港湾ジオラマ「神戸港旅客ターミナル」掲載中
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、1/700作例記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo78』に、不定期連載記事掲載予定。11月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo79』に、1/350作例記事掲載予定。来年2月15日発売
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo80』に、不定期連載記事掲載予定。来年5月15日発売
┣ オリコンニュース『戦艦、航空機、戦車など“神作”まとめ』に、HIGH-GEARedこと渡辺真郎のインタビュー掲載
┃  記事URL→ https://www.oricon.co.jp/special/53062/24/
┗ 渡辺真郎著作による艦船模型製作テクニック本出版決定。発売時期未定


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg
(2020年7月4日更新。取引例とメディア掲載作例に6作品を追加!)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2020年9月29日更新 艦船模型用マルチポーズフィギュア再入荷)
↓↓↓
cabanak.png

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR