FC2ブログ

1/350イージス駆逐艦『DDG-51 アーレイ・バーク』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作を進めていた、1/350イージス駆逐艦『DDG-51 アーレイ・バーク』が完成しました。

jpj26.jpg
キットは、以前に艦船模型製作代行のご依頼で製作した1/700と同じドラゴン製です。パーツ的にも説明書的にも、1/700キットとほぼ変わりなく、製品としては1/700をそのまま1/350に拡大したもののようです。

jpj27.jpg
左舷前方からの全景。アーレイバーク級は映画『バトルシップ』をご覧になった方にはお馴染みの艦容です。低く構えたスタイリッシュな姿は、近代型駆逐艦の最も洗練されたスタイリングという気がします。

jpj28.jpg
右舷後部からの全景。マーキングは付属のデカールを使用していますが、このデカールが少々不完全で、CIWSの警戒線の半径が全く違った他、ヘリコプターの着艦表示がないのには面食らいました。(1/700には付属していたのですが・・・)結局、着艦表示は塗装で再現しました。

jpj29.jpg
1/350駆逐艦アーレイバーク、右舷および左舷からの全景。船底色はタミヤカラーのダルレッドを使用し、外舷および甲板の塗装にはピットロードカラーを使用しました。

jpj30.jpg
ディティールアップにはゴールドメダルモデルズのエッチングパーツを使用したのですが、艦橋窓枠は含まれなかったので、プラ材で自作しました。パーツ設計が1/700をそのまま倍にしたものなので、艦橋窓枠部分のプラの肉厚が5mmほどもあり、切り取るのに随分苦労しました。

jpj31.jpg
中央部の様子。日本の護衛艦のようなヘリ格納庫がないので、比較的スッキリしした構成です。アメリカ海軍では、ヘリの運用は空母に任せるのが基本のようですね。

jpj32.jpg
ヘリコプター甲板の様子。ヘリ本体はお客様のご希望でブロンコモデルのシーホークを2機製作し、1機はローターを広げた状態、もう1機はローターをたたんだ状態としました。ブロンコのシーホークはパーツ数が多く、作りがいがあります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR