FC2ブログ

1/700航空母艦『龍鳳1945』(ピットロード)完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、1/700航空母艦『龍鳳』が完成しました。

先日、フジミ版の龍鳳が完成したばかりですが、今回完成したのはピットロード版となります。


oritosama73.jpg
ディティールアップには、主にライオンロアのエッチングパーツセットを使用し、機銃と高角砲をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに取り替えました。

oritosama72.jpg
前回のフジミ版では、お客様のご希望で迷彩塗装にMrカラーを使用していましたが、今回はピットロードカラーを使用しています。

ピットロードの龍鳳はフルハルでも製作可能ですが、今回は洋上モデルとして仕上げました。ピットロードキットの製作は今回で4度目となるので、フジミ版も合わせると1/700龍鳳は5回製作したことになります。(人気ありますね!)

oritosama74.jpg
ピットロード1/700空母『龍鳳』。右舷および左舷からの全景。

oritosama75.jpg
船首部分のクローズアップ。ライオンロアのエッチングパーツを使用すること、羅針艦橋および補助艦橋などがシャープに仕上がりましたが、同パーツセットは手摺や救助ネットが専用設計されておらず、自分で切ったり曲げたりして調整しなくてはいけない構成になっている点が少々面倒でした。

oritosama76.jpg
後部の様子。煙突に付けられたファンネルカバーとジャッキステーはライオンロアのエッチングで、舷梯と救命浮表示は他社のパーツを使用しています。

oritosama77.jpg
ピットロード版1/700空母『龍鳳』と、フジミ版1/700空母『龍鳳』の比較。手前がピットロード版、奥がフジミ版です。フジミ版は先日に完成した直後に出荷していたのですが、修理のため、一時的に手元に戻っていたので、偶然このツーショット撮影が叶いました。

orittosama78.jpg
平面構成の比較。塗装もフジミ版がMrカラー、ピットロード版がピットロードカラーなので、同一迷彩の色の比較画像にもなりました。細部のディティールでは補助艦橋および予備艦橋の形状が大きく異なる他、羅針艦橋直前の兵員室の形状およびサイズの違い(ピットロードは小型×2、フジミは大型×1)、増設単装機銃座の有無(ピットロードは有り、フジミは無し)、高角砲後部の飛行甲板の開閉可能な切り欠きの有無(ピットロードは有り、フジミは無し)、飛行甲板の排水溝の有無(ピットロードは無し、フジミは有り)などがあります。



艦船模型製作代行は、是非ともモデルファクトリーハイギヤードをご利用くださいませ
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR