FC2ブログ

1/700空母『エセックス』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて制作していた、1/700空母『エセックス』が完成しました。


ishigurosama100.jpg
エセックス級は大変メジャーで同型艦も多いことから、1/700ではハセガワ、ピットロード(トランペッター)、ドラゴンの3社から発売されていますが、今回はお客様のご希望で、ピットロードのハンコックをベースに製作しました。

ishigurosama101.jpg
艦載機は、キットに付属のF6Fヘルキャット、SB2Cヘルダイバー、TBFアベンジャーに加え、F4Uコルセアを追加しました。搭載機数は合計54機となり、当工房のこれまでの作品の中で最多となる、(今年の正月製作の)大鳳の42機を一気に12機も上回りました。

ishigurosama102.jpg
当工房での1/700エセックス級空母の製作は4回目ですが、今回は初めて塗装は迷彩塗装ではなく、通常塗装となりました。ミッドナイトブルーがベースですが、水平部と垂直部で若干色のトーンを換えた他、外舷色と甲板とでやり方の異なる退色表現を弱めに施し、色合いがワンパターンにならないように気を使いました。

ishigurosama103.jpg
1/700空母エセックス。左舷及び右舷からの全景。ピットロードのエセックス級は、格納庫内部も精密に再現されているため、部品数は若干多めです。製作は、まず船体の上に格納庫の内壁を取り付け、続いて外壁・・・というように進むので、実艦の建造工程をたどっているようで楽しいです。機会があれば、一度1/350でフルオープンの製作をしてみたいなと思います。

ishigurosama104.jpg
飛行甲板船首部の様子。飛行甲板の塗装が剥がれ、木の地が若干出てきた様子を再現しました。また、艦番号や白線表示も塗装にて再現しています。

ishigurosama105.jpg
ディティールアップに使用したパーツは、トムスモデルのエセックス級空母用と、ファインモールド製ナノドレッドシリーズの『WA18 ボフォース40mm四連装機関砲』と『WA19 20mm単装機関砲(1.1インチ四連装)』です。トムスモデルのパーツは組立説明書が少々不親切でしたが、手すりやマスト、キャットウォークの他、レーダー関係の精密化に大変役立ちました。

ishigurosama106.jpg
艦橋付近の様子。もともとディティールの充実したキットだけに、武装やエッチングによる精密化が自然に決まってくれるのが嬉しいところです。

ishigurosama107.jpg
巨大なエレベーターが取り付けられた左舷と比較して、右舷側は比較的シンプルな造形です。このような角度で見ると、キット本体のディティールの充実ぶりを実感します。

ishigurosama108.jpg
ピットロード製の飛行機は翼も薄く、たくさん並べても暑苦しい印象にならないのが嬉しいです。クリアーパーツのため、組み立てるのに苦労しますが、完成した飛行機を飛行甲板に並べたときの満足感は、そのような苦労は忘れさせてくれるほどに大きいものです。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

製作お疲れ様です
製作過程もまとめて拝見しましたがやはり艦載機の数に圧倒されますね…
それと日本の艦に比べても対空兵装の所狭しとならんでいるのが印象的です
このクラスの空母が週に一隻就役していたことを考えるとアメリカの国力には驚きます

明日は初めて自衛隊のイベントに参加するため横須賀に行ってみようかと思います
こちらの写真でも拝見したことがある艦艇を見られることと美味しいカレーが楽しみです

>>>okazakiさん
日本側のライバル空母の大鳳が1隻しか完成していないのに対して、エセックス級は24隻も就役してるんですから、国力の差を思い知らされる気がしますね。(しかも、度重なる神風攻撃の命中を受けるも一隻も沈没しない打たれ強さもありましたし)横須賀はいかがでしたか?彼の地には、私も思い入れがありまして、一昨年前に「むらさめ」の一般公開に行きました。横須賀には三笠もあって艦船好きにはたまらない地ですので、今年も訪れる機会があればいいなと思っています(笑)
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR