FC2ブログ

1/350戦艦『霧島』製作中 その8

艦船模型製作代行のご依頼を受け、アオシマのアイアンクラッドシリーズの1/350戦艦『霧島』を製作中です。

本日は後部マストと高射装置指揮所の製作についてご紹介します。

nakaisama108.jpg
ホワイトエンサイン製エッチングパーツには霧島のマスト用のパーツは含まれていないので、今回はレインボーモデルのマストセットのパーツを使用した他、汎用のパーツをいくつか組みこんでディティールアップを施しました。ヤードの下部の支えは真鍮線による自作です。

nakaisama109.jpg
レインボーモデル製のクレーンは真鍮挽き物パーツ2本に真鍮&ステンレスの各エッチングが備わる豪華な仕様です。円柱状のジブのジョイント部分の精密さは凄まじく、外周上にビッシリ貼られた接続板の形状が正確に再現されています。また、滑車も旋回用のヒンジが立体的に再現されていて驚くべき精度です。(接着しないと実際に可動させることもできます)

nakaisama110.jpg
ジブは真鍮製で重量があるため、エッチングで組まれた取り付け部では自重を支えきれません。そこで今回は補強も兼ねて早めにケーブルを張りました。塗膜で若干太くなる分も考慮に入れて、手持ちのメタルラインで最も細いものを使用しました。

nakaisama111.jpg
マスト上部には汎用エッチングでラッタルを取り付けた他、レインボーモデルの足場綱、避雷針などを取り付けました。ヤードの手摺はエデュアルドの2段式手摺を切りつめて一段に加工したものです。

nakaisama112.jpg
高射装置指揮所はホワイトエンサインパーツに専用パーツが用意されているので、そちらを使用しました。(写真右がキットパーツです) 4.5m高角測距儀と九一式高射装置、九○式見張方位盤などの各シールドはハセガワの艦船装備セットAのパーツに交換し、高射装置と見張方位盤の基部環座はアオシマのキットパーツを切り取って使用しました。

nakaisama113.jpg
高射装置指揮所の全景。ホワイトエンサインパーツは、キットでは再現されていない渡り廊下が再現されていてメカニカルな魅力があります。

nakaisama114.jpg
裏側用のパーツは用意されていなかったので、例によって汎用の三角補強板からサイズの合うものを選んで貼り付けました。やはりこれがあると構造物としての安定感が増して良いですね。

nakaisama115.jpg
まだ色を塗る前なので、手を入れた部分が良くわかります。明日はいよいよ主砲塔の製作について御紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で、モデルアート社出版『月刊MODEL Art』、『艦船模型スペシャル』、イカロス出版『モデリングガイド』等の模型雑誌の作例記事や連載企画、考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR