FC2ブログ

1/700航空母艦『龍鳳1945』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、ピットロードの1/700航空母艦『龍鳳』の1945年版が完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

tomiyamasama10b.jpg
1/700航空母艦『龍鳳1945』、左舷前方からの全景。1/700の航空母艦『龍鳳』はフジミとピットロードから発売されていますが、今回製作したのはピットロード製のキットです。

tomiyamasama11b.jpg
ピットロード1/700の『龍鳳1945』、右舷前方からの全景。ディティールアップにはライオンロアの『R7095 日本海軍 航空母艦 龍鳳 1945年用 エッチングパーツセット』をメインに使用し、高角砲や機銃、探照灯、錨、カッターなどはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに置き換えました。

tomiyamasama12b.jpg
搭載機はお客様のご希望で零戦52型21機と天山9機としました。これらの艦載機はウォーターラインシリーズの『日本空母搭載機後期セット』をベースに、ファインモールド製の『AM16 1/700 日本海軍艦載機用パーツセット 後期』にてディティールアップを行ったものです。

tomiyamasama13b.jpg
1/700航空母艦『龍鳳』、右舷船首付近の様子。左右両舷の補助艦橋および予備艦橋の窓枠はライオンロアのパーツ使用により、壁面ごとエッチング化する事が出来ました。

tomiyamasama14b.jpg
右舷中央部のクローズアップ。ライオンロアのパーツは手摺やラッタルが大幅に不足しているので、手持ちのパーツから適時補填しました。また、飛行機救助網や人員救助網もフィッティングに難があるので、必要に応じて切り詰めるなどしてサイズを調整しました。

tomiyamasama15b.jpg
右舷後部の様子。幅の狭い飛行甲板に対して天山の巨大さがたいへん印象的です。シールド付きの機銃や高角砲は、キットにNEシリーズと同じパーツが付属しているため、説明書の指示通りに組み立てるだけで充分に精密な仕上げとする事が可能です。

tomiyamasama16b.jpg
船首飛行甲板を上から見た様子。1945年版の龍鳳は飛行甲板前部が延長されているのが特徴です。飛行機繋止眼環は、同時製作の翔鶴と同様に0.3ミリ径のドリル加工にて再現しました。

tomiyamasama17b.jpg
左舷中央部の様子。自作系のディティールアップは、主なところでは塗膜の段差を利用した外板継ぎ目表現と、0.3ミリの真鍮線により高角砲の射界制限枠の2点です。

tomiyamasama18b.jpg
迷彩塗装にはお客様より御希望頂いた色合いに合わせるため、現在少々入手困難となっているピットロードカラー(PCS-17)を使用しました。クレオスの日本船舶迷彩色と比較して、若干グレートーンである事が印象的です。

明日は本来はブログ更新はお休みの日ですが、模型ネタで臨時更新を予定しておりますので是非ご覧くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR