FC2ブログ

模型誌に作例記事掲載のお知らせ 【月刊モデルアート2016年02月号】 1/200戦艦『三笠』

モデルアート社出版、『月刊モデルアート』2016年02月号が本日発売となりました。

mamikasa00b.jpg
モデルアート社といえば、これまでも『艦船模型スペシャル』誌の方で作例ライターとして末席を汚しておりましたが、(光栄なことに)このたび初めて月刊誌の方でもライターデビューをさせていただきました。

本日は、『モデルアート2016年02月号』掲載作例のWAVE(ウェーブ)1/200戦艦『三笠』をご紹介します。

mamikasa01b.jpg
1/200戦艦『三笠』、艦橋周りのクローズアップ。WAVEのウォーシップシリーズの第一弾、1/200戦艦『三笠』の発売は来年2月の予定ですので、実際の発売日より一足早く、キットの全貌をご紹介しています。

mamikasa02b.jpg
WAVE1/200戦艦『三笠』、右舷からの全景。1/200ということで全長はおよそ66cm程になります。明治艦特有の高いマストは非常に存在感があり、ボリューム感では1/350大型艦船を大きく上回ります。

mamikasa03b.jpg
誌面においては担当編集者のNさんとの打ち合わせの様子なども掲載されています。作例製作のために供給して頂いたパーツ類はテストショットの段階でも比較的初期のものでしたので、モールドが少ないのはもちろん、肉の回っていないパーツや取り付け穴およびダボ等の不備、砲座の高さの設定などが不完全な(もちろん説明書なども一切ない)状態だっため、かなりの難産となりました。

mamikasa04b.jpg
舷側には一切のモールドがなかったので、ステップの追加や装甲部&外板の継ぎ目の追加なども行いました。リベットの表現についてはかなりのオーバースケールですので好みは別れると思われますが、製作前の打ち合わせの中で話題となり、見える範囲で全体に施すことに決まりました。 他にも汎用パーツと自作系のディティールアップを採り入れた各種工程を誌面にて詳しく御紹介しておりますので、1/200戦艦『三笠』にご興味のございます方はぜひご覧ください。

『モデルアート2016年02月号』には、特集である日本海軍の艦上攻撃機の作例群を中心に、各ジャンルの作例ライターの皆さまの力作の数々や新製品情報なども満載です。 1/200戦艦『三笠』を企画されたウェーブ担当者さまのインタビューなども掲載されておりますので、ぜひ書店などでお買い求めください。

mamikasa05b.jpg
ちなみに余談ですが、記念艦三笠( http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/ )に注文してあった『世界三大記念艦「三笠」カレンダー』がちょうどいいタイミングで到着しました。来年はこのカレンダーを工房に掲げて、是非とも良い一年を送りたいと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おめでとう

掲載・・おめでとうございます。
さっそく・・・・本屋へ~

何れ私も挑戦します!

ブログを拝見し、あわてて本屋へ買に走りました。
かなりご苦労されたようですが、さすがHIGH-GEARedさんです!素晴らしいですね。
このキットは少し前から予告の情報がありましたね。艦自体が小さいのでハセガワの1/350では物足らない感じで躊躇していました。
実は、私がまだ小学生か、中学1年くらいだと思いますが、木製のソリッドモデルを作った記憶があります。今思うと1/150くらいだったと思います。大きな船体を紙ヤスリで一生懸命削った事を、かすかに覚えていますが、完成し無かったと思います。
そんな訳で今度こそ完成させたいと思います。その際はご指導宜しくお願い致しますね。モデルアートも非常に参考になります。また目標が一つ出来ました。

Re: おめでとう

>>>大和魂さん
有難うございます<(_ _)> リベット表現が結構オーバースケールになってしまいましたので、こんど大和魂さん流の銅板でのやり方を詳しく教えてください(笑)

Re: 何れ私も挑戦します!

>>>シロプリさん
ありがとうございます<(_ _)> また苦労話聞いてください(笑) この三笠作例の話が来たときは、ちょうどシロプリさんのホーネットが完成した時期とも重なっておりまして、1/200に興味が向いていた時期だけにご縁を感じました。
誌面ではなかなか伝わりにくいのですが、ウェーブの三笠はハセガワと比較すると体感的に4倍くらいの大きさに感じるもので、高さも(スタンドを合わせると)40センチ近くになりますので、作り応えも展示映えも抜群です。
そのうち他社からディティールアップパーツなども発売されると思いますし、是非木製模型で果たせなかった三笠完成を成し遂げてくださいませ(完成の際には、是非とも実物拝見希望です【笑】)
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR